TOPPALIFE「国際機関職員と考える、中国の台頭を踏まえた21世紀のグローバルな生き方」

Description
【TOPPALIFE:国際機関職員と考える、中国の台頭を踏まえた21世紀のグローバルな生き方】
グローバル化が加速度的に進む21世紀という時代に、どのような軸を持って生きるか、は非常に難しいテーマです。そうした中、漠然と国際機関で働くことに関心を持つ方は多いのではないでしょうか?

今回はパリの経済協力開発機構(OECD)本部に勤める野本和宏さんをお招きし、21世紀最大の地政学テーマである中国の台頭を念頭に置いた生き方についてお話しいただきます。

加えて、参加者間で中国との向き合い方をテーマとしたワークショップも行い、皆さんご自身としてどうように21世紀を生きたいか、能動的に考えていただきます。

【TOPPALIFEとは】
次世代が未来を輝かせるリーダーとなるため、ロールモデルとなる社会人等からビジョンやビジョン実現のための生き方・考え方について学ぶ月一回程度のセッションです。ワークショップ等を含む、双方向な形態で実施します。

【概要】
■開催日時:6/19(土)16:00-18:00
※同日18:00-18:45に、中高生向けオンラインリーダーシッププログラム、TOPPA!!サマーキャンプ(チラシリンク)の説明会開催も予定しております。TOPPALIFEにご出席いただいた皆様のうち、希望される方は続けて説明会にご参加いただけます。
■募集対象:中高生・大学生
※社会人は見学扱い
■形式:完全オンライン(Zoom)
■費用:
中高大学生:無料
社会人:500円
■使用言語:日本語
■講義テーマ
「国際機関職員と考える、中国の台頭を踏まえた21世紀のグローバルな生き方」(ワークショップあり)
■講師プロフィール
経済協力開発機構(OECD)職員
野本和宏
経歴:早稲田大学卒業後、国際協力銀行(JBIC)にてアジアを中心とした海外イ ンフラ案件、中国北京事務所での中国政治経済の分析等のインテリジェンス関連、財務省主計局との間の予算折衝等の業務に従事。
2018 年10 月からケンブリッジ 大学に留学し、公共政策修士(MPP)を取得。
現在はパリのOECD本部に勤務し、世界貿易機関(WTO)で国際ルール策定に向けた議論が進んでいる漁業補助金の分析に加え、ブルーエコノミーや漁業管理制度等の政策提言を担当。

【株式会社MIRAIingとは】
「世界を変える優れたリーダー・イノベーターで社会を満たし、ボトムアップで輝く未来を今、この瞬間に、創造する」をビジョンに掲げるオンラインリーダー学習企業です。
リンク:https://miraiing.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1034762 2021-06-08 06:31:45
Sat Jun 19, 2021
4:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
社会人 ¥500
中高生・大学生

On sale until Jun 19, 2021, 12:00:00 AM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 18, 2021.

Organizer
MIRAIing
87 Followers

[PR] Recommended information